見つけた白髪!抜いてもいいの?!白髪を抜くデメリットとは

髪の毛の生え際・頭のてっぺん、1本ひょろんと出ている白髪・・・。抜いていませんか?

私も出かける前とか鏡で見た時にひょろんと出ているのを見ると抜いていました。

昔、子供の頃に「白髪は抜いたら増える」って聞いたことがあったのですが、大人になって白髪が生えだしてから少しその部分が気になったので調べてみることにしました。

そこで驚愕の事実があったので紹介したいと思います。

白髪は抜いたら増えるのか?

はい。これは増えません。やっぱりねって感じですw

白髪が生えるたびに抜いて増えていたら、たまったもんじゃありませんよね。

白髪は毛穴の中にあるメラミン色素が減ることによって出てきます。肌にあるメラミン色素はシミなどになってしまう為、嫌われていますよね。頭皮にはメラミン色素は必要な成分なのですね。これは驚きです。

どうしてこのような迷信が生まれたのか?私が思うに、白髪が生える原因は沢山あります。ストレスだったり、加齢だったり。白髪を1本見つけても、見つけていない所に実は白髪が大量に生えていて、その時は見つけられず、後日見つけた=増えたと錯覚するのではないでしょうか?

次に白髪を抜くことによるデメリットもありましたのでご覧ください。

白髪を抜く行為によるデメリットとは

白髪を無理やり抜く行為は、自然に抜ける髪の毛と違い、強い力が毛穴にかかります。毛穴にそれだけの負担がかかるという事です。無理やり抜いてしまった毛穴に傷が出来てしまう可能性があります。

毛穴に傷ができてしまうと、そこから雑菌や細菌が入りこみ炎症が起こってしまうかもしれません。痒みが出たり・赤くなったり・そこがニキビみたいに膨れる可能性が高くなります。

白髪を見つけたら

気になる白髪を見つけてしまったら、ハサミなどで根元から切ることをオススメします。他の髪の毛も一緒に切らないように気を付けて切ってくださいね。

また大量に白髪が増えてきたら、頭皮や髪の毛に負担の少ない白髪染めをしてもいいかもしれません。

白髪があると、どうしても実年齢より老けて見られがち。

いつまでも若々しく見られたいなら、早めの対策をしていて損はないはずです。

2018-10-19 | Posted in 白髪Comments Closed 

関連記事