ニキビ跡の色素沈着の治療の仕方

| トラックバック(0)
ニキビ跡の現象である色素沈着の原因は血液中にあるヘモグロビンや紫外線などの刺激を守るためのメラニンの色素でした。
ヘモグロビンが原因は紫っぽい色から赤黒い色をしています。ヘモグロビンが原因の場合は茶色をしています。

家で出来るニキビ跡の治療としては、ターンオーバーで新陳代謝で皮膚が剥がれ落ちると一緒に色素も落ちますが、残ってしまうこともありますので角質を落とすために洗顔などケアをしっかりと行います。
病院で行うニキビ跡の治療として皮膚に溜まった古い角質や毛穴の汚れを酸性の薬剤で溶かしてケミカルピーリングという方法もありますが、1回で終わるもではなく継続的に続ける必要があります。
アレルギーや副作用を起しにくい酸化アルミニウムという微粒子を皮膚の表面に高圧で噴射することによって角質層を削るクリスタルピーリングというピーリングの一種があり、こちらも1回だけでは治らず5回以上通わないと効果が現れません。
赤と黒い色素に反応し色素を破壊する光と、色素には反応しない高周波を同時にあてることによってメラニンを取り除き、コラーゲンを作るフォトRFという治療法もあります。
こちら(⇒http://www.saskhotels.com/wordpress/wp-login.php )のサイトでさらに詳しくみる

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、yota02が2013年11月25日 21:16に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「酵素ダイエット中はアルコールを摂っても良いのか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31